ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    パワーハラスメント

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - パワーハラスメント あとで読む
    職場でのいやがらせ、イジメをパワーハラスメントというそうです。
    パワーハラスメントは、なぜ行なわれるのでしょうか?

    労働基準法違反を許すな!労働者  > パワーハラスメントとは

    パワーハラスメントという言葉は「許すな!パワーハラスメント」という本(著者:岡田康子さん)の中生み出された和製英語です。本の中での定義は
    「職権などのパワーを背景にして、本来の業務の範疇を超えて、継続的に人格と尊厳を侵害する言動を行い、就業者の働く関係を悪化させ、あるいは雇用不安を与えること。」となっています。



    許すな!パワーハラスメント 許すな!パワーハラスメント
    岡田 康子 (2003/07/28)
    飛鳥新社
    この商品の詳細を見る


    以下、大変参考になるサイトがあったのでメモしておきます。
    (詳細はリンクページ参照のこと)

    パワー・ハラスメント/職場のモラル・ハラスメント対策室

    日本では次の二つのパターンが、パワーハラスメントとして大きく認識されているような感じがします。
    ・リストラを目的の退職に追い込むためのハラスメント行為
    ・心理的に追い詰められた上司によるストレス習慣としてのハラスメント行為



    ■ リストラを目的としたパワー・ハラスメント
    一般的に企業が社員を解雇する場合、次のような費用がかかります。
    1)解雇予告手当として一ヶ月分の給与を支払う、
    2)会社都合としての退職金額(通常自己都合退職金より高い)を支払う、
    それに加えて、
    3)各自治体などから支給されている助成金・補助金などを受けられなくなってしまう
    というペナルティーが課せられるのです。
    あまり知られていませんが、実はこの3)は結構な金額になるのです。

    それに対して、パワーハラスメントにより社員を追い詰めて、自己都合で退社させることができれば、これらの出費を抑えることができるのです。
    勤務期間等にもよりますが、中高年の管理職クラスであれば、その費用は100万円は下らないでしょう。



    へー、会社都合で社員を解雇すると、ペナルティーが課せられる仕組みがあるんだ。知らなかった…。

    ■ ストレスを抱える上司からのパワーハラスメント

    怒り・不安・緊張などのストレス・フラストレーションを解消するために、人は様々な反応を示すことが知られています。

    リストラ圧力、目標達成などの心理的プレッシャーから逃れるために、誰かに「あたる」ことで、一時的に自分の心の平静を保とうとする上司がいるということです。

    「追い詰められた心理」に取り付かれた上司の「いじめ」や横暴な振る舞いは、多くの場合、その人自身の「性格」によるものではなく、「ある状況」が引き起こしたといっていい。昨今の、リストラをはじめとする職場環境の変化が、上司を精神的に追い込んでいるのは間違いない。・・・そうした上司の多くは、自分がよじれた心理状態に追い込まれていることをある程度は知っている。



    人間、余裕がなくなると他人に優しくできなくなる場合があるんだな。
    自分の持っているストレスに押しつぶされて、ヒステリーになり、他人につらく当たる人もいると。

    精神的対処法/職場のモラル・ハラスメント対策室

    職場のモラル・ハラスメントとは、陰湿な言葉、態度、文書などによって、継続的に人格や尊厳を傷つける精神的ないじめ・嫌がらせです


    モラル・ハラスメントの状況や加害者のタイプによって、精神的対処法は異なりますが、ここでは下記の観点から大まかに分類した対処法を紹介します。

    ■体調不良を抱えていない場合
    モラル・ハラスメントで苦しんでいても、体調面では問題がない場合には、まだ自分の力で状況を改善できる可能性があります。次の3つのことを実施してみましょう。 これらの3つの方法は、イルゴイエンヌの書籍などを参考にしたもので、考え方や行動を変える「認知行動アプローチ」に基づいています。

    1.職場にあなたの理解者を得ること
    2.仕事の指示、ハラスメント行為をできる限り文書化し、保存すること
    3.自己愛タイプ別の付き合い方法を学ぶこと
    体調不良(不眠・胃痛など)を抱えるほど、モラル・ハラスメントが強いストレスになっている場合、これら3つの自己流の方法は、「それほど効果は見込ない」というのが管理人の見解です。自分で正しく状況を認識し、しかるべき対処をしてください。



    精神的対処法 > 1.職場にあなたの理解者を得ること

    モラルハラスメントの加害者は、多くは被害者を孤立化させるという巧みな方法を使うことがあります。
    それは、権力を利用したものである場合もあるし、うまく周りを言いくるめている場合もあります。



    精神的対処法 > 2.ハラスメント行為などをできる限り文書化し、保存すること

    加害者からの暴言などは全てメモしておきましょう。

    例えば、

    ○月△日 14:30  「馬鹿やろう、この役立たず」  同席 山田さん
    ○月×日 17:20  「いつ辞めても良いんだよ」   同席なし

    などのようにです。また、仕事の依頼なども全てメモしておくのが望ましいです。



    精神的対処法 > 3.自己愛のタイプ別付き合い方法を学ぶこと

    加害者のタイプ分析のページでも説明したとおり、「自己愛性格型」には、誇大妄想型徹底管理型被害妄想型の3タイプがあります。

    それぞれのページで簡単に説明していますが、そのタイプに応じた付き合い方をすることで、少しは被害が少なくなる可能性があります



    職場のモラル・ハラスメント対策室で配布されている無料小冊子も参考になるかと思います。
    無料小冊子/あなたも1ヶ月で必ずモラル・ハラスメントから脱出できる!

    パワーハラスメントについて情報交換できるサイトもありました。

    パワハラネット
    http://www.pawahara.net/

    パワハラ被害者の方たちから寄せられた、事例をご紹介します。
    投稿お待ちしています。



    パワーハラスメント対策の相談、支援サービス
    (株)クオレ・シー・キューブ
    有限会社アスロン

    パワーハラスメントを行なう人々の心は病んでいると思います。
    誰もがいきいきと仕事ができるようになればいいなと思います。

    パワーハラスメントなんでも相談―職場のいじめ・いやがらせで困っていませんか パワーハラスメントなんでも相談―職場のいじめ・いやがらせで困っていませんか
    金子 雅臣 (2005/06)
    日本評論社
    この商品の詳細を見る

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/109-e4c3344a

    FC2Ad