ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    出線の読み方=「しゅっせん」or「でせん」?

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 出線の読み方=「しゅっせん」or「でせん」? あとで読む
    ネットワーク技術の本を読んでいたら、「出線数」という用語が出てきました。

    トラヒック理論 - Wikipedia

    アーランB式
    前提条件
    1.呼がランダムに生起する。
    2.呼の保留時間は指数分布である。
    3.入線数は無限大で出線数は有限である。
    4.サービスが拒絶された場合に待ち状態にならずサービス要求が消滅する。



    出線と書いて、「しゅっせん」と読むと思うのですが、「でせん」という読み方もできるので、どっちなのか調べてみました。
    結論から言うと、「出線」は「しゅっせん」と読むようです。

    鉄道貨物輸送用語辞典 - 公益社団法人 全国通運連盟

    語句 よみ 説明
    出線 しゅっせん コンテナの荷役が終了 し、貨物列車が着発線へ移動することを言う。
    入線 にゅうせん コンテナの荷役を開始する時間。



    ネットワーク超入門講座 第3版
    三上 信男
    ソフトバンククリエイティブ
    2013-07-27
    ¥ 2,138


    漢字熟語の読み方は、いろいろあります。

    重箱読み - Wikipedia

    重箱読み(じゅうばこよみ)は、日本語における熟語の変則的な読み方の一つ。
    語の上の字を音として、下の字を訓として読む「重箱」(ジュウばこ)のような熟語の読みの総称である。
    これに対して、上の字が訓、下の字が音とする読み方を湯桶読みという。



    湯桶読み - Wikipedia

    湯桶読み(ゆとうよみ)は、日本語における熟語の変則的な読み方の一つ。
    漢字2字の熟語の上の字を訓として、下の字を音として読む「湯桶」(ゆトウ)のような熟語の読みの総称である。
    これに対して、上の字が音読みで下の字が訓読みのものを重箱読みという。



    線、の音読み訓読みを教えてください - 音:「セン」訓:「いと」 - Yahoo!知恵袋

    線、の音読み訓読みを教えてください
    音:「セン」
    訓:「いと」



    出線 = シュツ(音読み)+セン(音読み) = シュッセン(音読み)、のパターンですね?

    入線とは - Weblio辞書

    にゅう せん にふ- [0] 【入線】
    ( 名 ) スル
    (1) 始発駅で,列車が指定された番線にはいること。 「終列車が-する」
    (2) 競馬で,競走馬がゴール-ラインに到達すること。



    「出線」の対義語である「入線」が、「ニュウセン」と音読みなので、「シュッセン」と同じく音読みするのが妥当でしょう。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1075-6c70bb3a

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。