ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    フラット走法

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フラット走法 あとで読む
    靴のメーカーのホームページで、「フラット走法」という走り方が紹介されていました。

    フラット走法
    http://www.newbalance.co.jp/nb/flat/
    http://www.nb-running.com/flat.html

    省エネ・スピードアップ・セーフティ「フラット走法」は走りの理想形
    足裏全体で接地する「フラット走法」が、エリートランナーを中心にますます普及しています。
    その理由は、従来までの踵からの接地に比べて、エネルギー伝達効率に優れた省エネ性を実現すること。
    その結果としてさらなるスピードアップが期待できること。
    さらに重心の上下動がすくないため、着地時の衝撃を和らげるセーフティな効果を発揮することなどが挙げられます。



    これまでの踵着地とはまったく違うメカニズム
    足裏全体で“フラット”に接地するフラット走法。
    地面を押し出すようにテイクオフする走りのメカニズムは、これまで常識とされてきた踵から着地して地面を蹴る走り方とは、膝や足首の屈曲や、股関節の使い方など、様々な点において異なります。



    金哲彦のランニング・メソッド 金哲彦のランニング・メソッド
    金 哲彦 (2006/11/15)
    高橋書店
    この商品の詳細を見る


    フラット走法に対して、従来のかかと着地の走り方はピストン走法というそうです。

    フラット走法って本当にいいの?

    フラット走法とは本来、上腿と下腿の角度をあまり変えない、膝を少し曲げた状態で股関節のスイングにより推進力を生む走法である。


    フラット走法という言葉に踊らされているとしか思えない。
    フラット着地はできてもその場駆け足にしかならず、スイング動作につながることはないだろう。


    フラット走法とピストン走法はどちらも長所・短所があり、どちらが優れているという結論は出ていない。



    靴メーカーの販売促進のために、フラット走法が宣伝されている面もあるのかな?

    長い距離を楽に走れるフォームがあれば是非教えてください。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/107-5f21ff13

    FC2Ad