ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「iOS」全デバイスにバックドアが存在

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「iOS」全デバイスにバックドアが存在 あとで読む
    スマートフォンは、人間に付ける首輪です。
    デバイス上のデータは、技術的にすべて監視可能、と割り切って使うべきでしょう。

    ネットワーク社会においては、プライバシーは一切ないという前提で利用するなら問題ないけど、
    情報が筒抜けだとは知らずに使っている人がいたら、想定外の事態が起こったときに驚いてしまうかも?

    「iOS」全デバイスにバックドアが存在--専門家が指摘 - CNET Japan

     Zdziarski氏は講演で、「すべてのiOSデバイス上で動いている、複数の明記されていない高価値のフォレンジックサービス」と「データ収集を容易にする、iOSの疑わしい設計上の欠落」について説明した。またフォレンジック手法を使って取得された、ユーザーの同意なしに「デバイスから取り出されてはならない」はずのデータの例をいくつか示した。



    公になっているので、今や誰でも知っていることですが、バックドアはハードウェアレベルで組み込まれています。
    原発や軍事用に使われている中国製シリコンチップにサイバー攻撃可能な未知のバックドアが発見される - GIGAZINE

    ハードウェア上のバックドアを潰すには、ソフトウェアレベルで制御して、バックドアを無効化するしか方法がありません。
    =スマートフォンのOSをハックして、自分で動作を変えることができればOK?

    iOSがダメ、Androidもダメ、となると、FirefoxOSに期待すべきでしょうか?
    OSを独自にカスタマイズするとなると、AndroidはLinuxベースだから、iOSよりもまだ安全にしやすいかも?

    android カスタムROMのすすめ - NAVER まとめ

    Androidをroot化する10の理由 : ギズモード・ジャパン

    AndroidはLinuxカーネルがベースなので、root(UnixやLinuxのシステムを管理する最高権限のユーザーアカウント名)を取得すると、全ファイルシステムにアクセスが可能になり、ブートイメージをカスタマイズしたり、携帯の全バックアップを作成したり、Linuxディストロをインストールしたりできるのです。そこまでギークなことには関心のない人でも、もっと身近なところにroot化するメリットは沢山あります。



    スマホのOSも、オープンソースにしてもらった方が、ユーザーにとっては使いやすいものとなると思われます。
    スマートフォンを使いたい人は、特別な事情がない限り、iPhoneではなく、Androidを使って、Root化&カスタムROMの利用する方が、無難でしょうか?

    CyanogenMod - Wikipedia

    CyanogenMod(サイアノジェンモッド)は CyanogenMod Inc. が開発している Android をカスタマイズしたオープンソースのスマートフォンおよびタブレット向けのオペレーティングシステム(アフターマーケットファームウェア)である。日本語もサポートしている。



    Androidのなかみ InsideAndroid
    Tae Yeon Kim / Hyung Joo Song / Ji Hoon Park / Bak Lee / Ki Young Lim
    パーソナルメディア
    2013-12-18
    ¥ 4,104


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1065-e0b5131b

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。