ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    うつ病の原体験

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - うつ病の原体験 あとで読む
    もしかすると、うつ病の資質は、子供の頃に培われているのだろうか?(仮説)

    解決できる問題と、解決できない問題があった場合、解決できない問題を抱え込んで、うつ病に至ると。
    解決できない問題に対して、独力で対処するか、周りの人のサポートを得て対処するか?

    娘が「学校へ行きたくない」と言った理由

    どうやら友達トラブルで行きたくなかったらしい。
    学校へ行かなくても良いとわかった娘は少しずつ泣き止み、そして動き出した。

    はるちゃんも娘もまだ6歳。お友達との関わり合いはこれから少しずつ学んでいくのだろうと思った。
    この子達にはまだ知らない世界がたくさん広がっている。



    子供のときは、親や学校の支援を得て、問題を解決できる場合もあるだろう。
    大人になって、問題の質と量が高くなってしまうと、周りの支援が無効になる場合もあるだろう。

    ・独力で解決 → 成功体験
    ・周りに助けられて解決 → 他者やチームワークへの信頼

    独力で解決できず、さらに周りに助けてもらったことがないと、
    その子は、問題に対処する方法をうまく身に付けられなくて、
    結果的に精神の安寧を保つ方法を、うまく獲得できない場合もあるのではないか?と危惧した。

    親や学校関係者も、未熟であった場合、心許ない。
    子供を育てるノウハウ、教育の改善について、集合知の共有と継承が必要だろう。
    タルムードのような、ユダヤの教育設計を、インターネット上で再構築してみたい。

    「与える」より「引き出す」! ユダヤ式「天才」教育のレシピ (講談社プラスアルファ文庫)
    アンドリュー.J・サター / ユキコ・サター
    講談社
    2010-09-21
    ¥ 710


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1030-4034c2a9

    FC2Ad