ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    額で映像をとらえるオーデコ

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 額で映像をとらえるオーデコ あとで読む
    久しぶりに、天才だ!と思える人がいた。
    その方の名は、「菅野米藏」さん。
    「オーデコ」(AuxDeco)という装置を発明した方だ。

    菅野米藏


    株式会社アイプラスプラス
    http://www.eyeplus2.com/
    株式会社アイプラスプラス広報
    https://twitter.com/auxdeco

    オーデコ(AuxDeco)


    オーデコ - Wikipedia

    オーデコ(AuxDeco)とは視覚障碍者のための歩行補助器のこと。
    東京大学と民間企業の「アイプラスプラス」が共同開発し、2009年4月に製品化された。



    ヘッドバンドについたカメラが捉えた映像を電気信号に変換し、電気刺激として額に伝える「FRS(額網膜システム)」。
    指先の触覚を使って点字を読むのと同じように、額の触覚を使って目の前の情景を認識するものである。
    後天的に全盲となってしまった人の場合は、単純な文字も額で感じて読める。
    目の代わりに額の触覚を使ってモノを認識させるというのは世界初の試みだが、ヒントになったのは聴覚のないイギリス人のパーカショニストがステージでは靴を脱ぎ、素足で音を感じて演奏する記事を見て「足の裏が鼓膜になるなら、人間の額が網膜になってもいいのでは?」と着想したと開発者は話す。
    1998年から視覚障害者の額を利用することに着目し研究を続け、2003年10月に「網膜の代替手段として額を利用する手法」として特許を取得。



    ヘッドバンドについたカメラがとらえた映像が小型コンピュータに送られる。
    小型コンピュータではその映像から輪郭線のみを抽出し、抽出した輪郭線を電気刺激に変換する。
    電気刺激に変換された輪郭線は、使用者の額部分に装着された512個の電極から出力され、使用者は出力される輪郭線刺激を額の触覚で感じとる。



    ・触覚を利用して、視覚の代用にする、という画期的なアイデア
    ・困っている人を助けたい、という情熱
    ・新製品を開発できる技術力

    こういう人こそ、スーパーエンジニアと呼ぶべきなのだろう。

    全盲者に「視界」を与えたオーデコ開発者・菅野米蔵|【Tech総研】

    体の不自由な人の目になり声になる装置|ひらがなタイムズ

    菅野 米藏インタビュー | Visionary Story | 技術者として、視覚障碍者に何ができるのか。

    Project: AuxDeco

    SIGGRAPH 2006 - 「EMERGING TECHNOLOGIES」展示セクションをレポート おでこで物を見るサングラス | マイナビニュース

    おでこ(額)に付けるから、「オーデコ」と。
    そのまんまのネーミングですねwww

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1026-06e6e8bb

    FC2Ad