ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    CentOSをUSBメモリーでインストールする方法

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - CentOSをUSBメモリーでインストールする方法 あとで読む
    Windows XP が入っていたノートパソコンを、Linuxマシンとして再生することにしました。
    Windows XPサポート終了後はLinuxに乗換え - 浜村拓夫の世界

    光学ドライブ(CD、DVD)が付いていないノートパソコン(Panasonic Let's Note CF-R7)だったので、USBメモリでLinuxをインストールすることにしました。
    Linuxのディストリビューションは、CentOSにしました。

    今回の肝は、通常のインストーラーを使うのではなく、「LiveCD」用のデータを使う点です。

    Live CD - ウィキペディア

    Live CD(ライブCD)あるいはLive DVD(ライブDVD)とは、ハードディスクドライブやSSDなどの内部ストレージにインストールすることなく、直接OSを起動させることができるCDやDVDである。



    今すぐ使えるかんたんmini USBメモリー徹底活用技 〔Windows8/7/Vista対応版〕
    オンサイト 技術評論社 2013-09-18


    ●LiveCDでOK
    今回は、LinuxをインストールするPCとは別に、準備作業が行えるPCがあったので、そちらで準備作業を行いました。

    (1) 空のUSBメモリを用意する。

    (2) CentOSの公式サイトから、LiveCD用のOSイメージファイルをダウンロードする。
     → http://wiki.centos.org/Download
     → 32ビット用(i386)と64ビット用(x86_64)がありますが、今回は64ビット用を採用しました。
     → http://isoredirect.centos.org/centos/6/isos/x86_64/
     → http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/6.5/isos/x86_64/IIJのミラーサイト)
     → 「CentOS-6.5-x86_64-LiveCD.iso 30-Nov-2013 02:09 649M」これをダウンロードする。

    (参考)LiveCDとLiveDVDの違い(CentOS6.5編)

    対象者
    LiveCD Linux経験者(LPIC認定技術者とか)
    LiveDVD Linux初心者(Windowsユーザとか)


    …単純には、CD=最小限、DVD=テンコ盛り、というかんじ?

    (3) Image Writer for Microsoft Windows をダウンロードする。
    OSのイメージファイルを、起動可能な形でUSBメモリにコピーするために、今回は「Image Writer」という専用ツールを使いました。
     → https://launchpad.net/win32-image-writer/
     → http://sourceforge.net/projects/win32diskimager/
     → http://sourceforge.net/projects/win32diskimager/files/Archive/
     → 「Win32DiskImager-0.9.5-binary.zip 2014-03-19 18.3 MB」インストールしないで使えるこれをダウンロードしました。
     → zipを展開して、「Win32DiskImager.exe」をクリックすればOK(インストール不要)

    (参考)USBメモリへのディスクイメージの書き込み

    Windows 環境上で、ISO イメージを USB メモリに書き込むには、 DDforWindows や Disk Imager for Windows というアプリケーションが使用出来ます。



    (4) USBメモリにコピー
    「Image Writer for Microsoft Windows」(Win32DiskImager.exe)を使って、
    「CentOS-6.5-x86_64-LiveCD.iso」ファイルをUSBメモリに書き込みます。

    (5) PCのブートシーケンス(起動の順番)を変更
    USBメモリからブート(起動)できるように、ノートパソコンのBIOSで、HDDよりも先にUSBメモリを読み込むように、順番を変更しておきます。

    (6) CentOSのLiveCDを起動
    USBメモリをノートPCに付けて、電源を入れます。
    CentOSのGUI(操作画面)が表示されたら、ここまでの準備作業は成功です。

    (7) CentOSをインストール
    USBメモリから起動させて試用しているCentOSですが、気に入れば(動作に問題がなければ)、
    PCのストレージ(HDD、SSD等)にインストールして、継続的に使用することができます。
     → LiveCDのFirefoxで、インターネット接続可能か確認しておきます。(=LANが認識されているか?の確認)
     → LiveCDのCentOSを、HDDにインストールすればOK

    これで、CentOS(Linux)をUSBメモリでノートパソコンにインストールすることができました!



    (補記)

    Linuxのディストリビューションは、
    サーバー用途 → CentOS
    デスクトップ用途 → Ubuntu
    が良いのかな?と考えていました。

    しかし、最近のUbuntuは、GUIにUnityを使って重たくなる等、肥大化しているようだったので、CentOSにしときました。

    サーバー用途では、CentOSを使用しているので、自分にとっては慣れていて分かりやすいです。
    ・ディレクトリー構造
    ・ソフトの管理(「yum」「rpm」コマンドが使える)

    32ビットOSではなく、64ビットOSを選んでいる理由は、拡張性(スケールアウト)のため。
    → サーバー用途では、メモリの増強などで、32ビットOSから64ビットOSに乗り換える可能性は高いので、それだったら最初から64ビットOSを使っておけば、ソフトウェアの選定・設定で困らないと。
    (逆に言えば、64ビット環境を必要とする予定がなければ、32ビットOSでも十分な気がします。)

    (試行錯誤)

    USBメモリからCentOS6.5インストール

    ・CentOS-6.5-i386-bin-DVD1.isoをダウンロード
    ・UNetbootinをダウンロード
    ・UNetbootinを起動してDiskimageにダウンロードしたCentOS-6.5-i386-bin-DVD1.isoを指定してインストール用USBメモリを作成

    ・できあがったUSBメモリを使用してCentOSのインストールを試みると、インストールの途中で「Unable to read package metadata from repository」というようなエラーが出てしまうので、出来上がったUSBメモリに対して以下を行っておく
    ・CentOSのイメージファイルをダウンロードしたサイトの「/centos/6.5/os/i386/repodata/」配下のファイルをすべてダウンロードして、USBメモリの/repodata/配下のファイルと置き換える
    ・これで出来上がったUSBメモリを使用すれば、インストールできる



    「UNetbootin」を使って、通常のインストーラーをUSBメモリ上に作成し、それでインストールする方法も試してみましたが、自分の環境ではうまくいきませんでした。

    → インストールの途中で「インストールするデータがある場所を指定しろ」と聞かれますが、いろいろ指定してみても、「データがないよ!」みたいなメッセージが出て、そこから先に進めませんでした。

    → 調べたり、試したり、解決に時間がかかりそうだったので、インストーラーの使用をやめて、LiveCD(LiveDVD)を使う路線に切り替えました。

    USBメモリからUbuntuインストールしようとしてるんだが動かないwwww

    11
    普通にインストーラのISOをUSBメモリに頭から書き込めばブート出来るんじゃねーの?
    Fedoraはそうだよ
    Windows用のddを持ってないやつは結局LiveUSB Creator使うほうが早いけど



    LiveCDで、とりあえずLinuxのGUIが起動したら、そこから先は話が早い。
    →GUIのメニューにある「HDDにインストール」で、インストールに進めました。

    LiveCDを使う方法なら、あらかじめ、NICが認識されるか確認できるので、インストールをやめることもできて安全だと思いました。

    有益な情報を提供してくださった皆さんに感謝いたします。
    もっと良い方法があったら、教えてね!(・∀・)






    関連記事

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    CentOSのマルチブート

    現在は、LinuxをインストールしたノートPCを使っていないので、CentOSのマルチブートのやり方については、分かりません。

    IT関係の質問サービスがたくさんあるので、より詳しい方にお伺いしてみてはいかがでしょうか?

    (参考)
    ヤフー知恵袋(Linux系)
    http://chiebukuro.yahoo.co.jp/dir/list/d2078297643/new

    オーケーウェイブ
    http://okwave.jp/c696.html

    人力検索はてな
    http://q.hatena.ne.jp/c/computer

    QA@IT
    http://qa.atmarkit.co.jp/

    スタックオーバーフロー
    http://ja.stackoverflow.com/

    テラテイル
    https://teratail.com/

    よろしくお願いします。m(__)m

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1021-bfccee68

    FC2Ad