ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    Ruby冒険記 #1 ちずをてにいれろ!

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Ruby冒険記 #1 ちずをてにいれろ! あとで読む
    2014年、Rubyの旅

    ぼくは たからのやまをもとめて インターネットをぼうけんするよ。

    はやくも 2がつ!

    うかうかしてると ひがくれて 2014ねんも おわっちまうぜ!!!

    きょうは ルビーのきょうかしょを さがすよ。

    前回のRuby記事では、チュートリアルサイトや本をピックアップしてみた。
    Rubyのチュートリアル - 浜村拓夫の世界

    旅には地図が必要だ。
    ・G:ゴール(目的)
    ・P:ポイント(途中経過)
    ・S:ステップ(方法)

    100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる
    高橋 政史
    クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
    2013-04-15

    本当に自分がやりたい事(目的)にフォーカス(選択と集中)し行動することで人生の質・仕事の質が変わる。
    やり方(スキル)よりも考え方(シンプルに考えフォーカスする)・伝え方(評価は人がする)に重点を置く。
    G(ゴール)・P(目標設定のポイント)・S(ステップ・手順)を確認し(紙に書いて守る)時間を区切って考え、初速を大事に行動する。
    わかるからできるへ(基本の型を繰り返す=習慣化する)。



    ・本は、細切れの空き時間に読む。
    ・ネット環境があるときは、解説サイトを読む。
    という方法でいってみるか?

    PHPと比べて、Rubyは学習コストが低いか?すぐにやりたいことをできるか?
    どうすればいい?

    (1)ローカルPCで、Rubyの実行環境を用意
    (2)基本的な文法を確認
    (3)Webサーバーで、Rubyの実行環境を用意
    (4)Webアプリを作成
    (5)WAFを試す
    (6)Rubyの高速化手法=JRuby等を試してみる?
    この順番で進めてみればいいかな?
    WAFにはRuby on Railsを使わずに、Sinatra程度の軽量FWで動かしてみる?

    サイトをいろいろ見てみたが、クソつまらんサイトが多い。読んでいて眠くなる。
    割かしまともなサイト(見るに耐えるサイト)をまとめた良記事があった。ナイス・チョイス!感謝だぜ!!!

    2013年新学期にRubyを始めるエンジニアが読むべきサイトまとめ (2013/04/08)

    Ruby入門・チュートリアル
    Rubyを始めるときに、入り口になるところ。他言語文化圏からの移民の人達は第1章 Ruby言語ミニマムから読み始めると、256倍ぐらい理解が早くなると思う。

    1. 第1章 Ruby言語ミニマム
    2. Ruby入門 (全32回) - ドットインストール
    3. Ruby入門 - RubyLife
    4. Rubyの基礎 - slideshare



    もうね、入門はドットインストールがあればOK。
    コンテンツが充実しまくりで、ビックリ!!!


    ●今日の収穫
    結論:「ドットインストールはスゴイ!」

    Ruby入門も、その他も、いろいろあるよ~!
    これよりもっと分かりやすいコンテンツを作るとなると、マンガ化、ゲーミフィケーションの手法を取り入れるとか?






    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1014-6539eba4

    FC2Ad