ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    秘密保護法が戦争準備に必要な理由

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 秘密保護法が戦争準備に必要な理由 あとで読む
    日本で、「秘密保護法」ができました。

    ・日本人は、嘘つきが多い。
    ・日本人は、「秘密」の意義・性質について理解していない。

    ということが背景にあります。

    秘密保護法とは? - 日本弁護士連合会

    秘密保護法とは、国の安全保障に関して特に重要な情報を「特定秘密」に指定し、それを取り扱う人を調査・管理し、それを外部に知らせたり、外部から知ろうとしたりする人などを処罰することによって、「特定秘密」を守ろうとするものです。



    頭の悪い人が嘘をつくとき、ばれたときのことを考えていません。
    詐欺師は、嘘をつくとき、ばれたときの対処法も併せて用意しています。
    ばれたときの対処法の準備が大変な場合は、いかにバレないか?=秘密にしておく方法を磐石にします。
    だから、嘘つきには、秘密が必要なのです。

    他人に知られて困ることがない人には、秘密は不要です。
    いつも堂々と生きていたいのなら、ごまかしは不要です。


    秘密結社を作ったり、加入する連中は、アホしかいませんね?
    観察眼を磨き、物事の本質を見抜ける人から見ると、「秘密」とは単なる幻想であり、「秘密」は存在しえない、ということを理解できていないからです。
    =ちなみに、現在の秘密結社は、サイコパスを収容するガベージコレクターの役割を果たしています。

    ・完全な秘密は、一個人の内部においてしか成立し得ない。(=前提)
    ・秘密の共有は、原理的に不可能。(=帰結)


    そもそも、「秘密を保護しよう」(限定的な秘密の共有)という発想自体がチープであり、無駄な努力なのです。
    税金泥棒…じゃなかった、えーと、ジャパン・ハンドラーの方々は、もう少し真面目に仕事をして欲しいと思います。

    自分の幸福にしか興味がない人は、他人の不幸には無関心です。
    無知で怠惰な人は、状況の分析を行いません。
    「こんなはずじゃなかった!」という言葉を聞くとき、アホな連中であってさえも、反面教師にはなってくれるものだ、と実感します。

    それではさっそく、日本の将来を予想してみましょう。

    借金だらけのアメリカは、中国と日本のドルを回収したい。
    ・中国と日本に戦争をやらせれば、両国のドルを回収できる。
    ・アメリカの属国である日本が戦争をやるためには、アメリカと日本の間で、法体系の不整合を解消しておく必要がある。
    ・戦争の準備として、アメリカのNSC/NSAを日本で作るには、秘密保護法が必要。
    ・日本国民は実質的に、投票時しか政治に関与できないので、国会運営は簡単。
    ・うるさいジャーナリストは、フィクサーが雇った赤報隊で黙らせておけば良い。(ペンは剣より弱し)


    ●専守防衛~戦争準備開始
    いよいよ、日本も戦争に向かって、準備開始!
    前回の失敗=第二次世界大戦の損失を、次回の戦争で取り戻せるか!?

    ところで、どうして、世界の支配者は、戦争を起こして、経済をリセットする必要があるのでしょうか?
    戦争の一因は、債務の踏み倒しですね?

    (1) 資本主義経済の「信用創造

    (2) 経済実態(有限)とマネーサプライ(無限)の不均衡

    (3) 貨幣を増やして借金を帳消し

    (4) 貨幣がゴミになって、借金の帳消しができなくなる

    (5) 金を貢がせて、その金で借金を帳消しにする

    現在、ドルの外貨準備高のナンバー1は中国で、ナンバー2が日本です。
    ドルの管理人は、中国と日本からドルを回収する姦計を巡らせています。
    中国と日本を戦争させれば、両国にドルを浪費させて、両国が持つドルを回収できます。

    日本は、アメリカの属国ですが、法体系で整合性が取れていない部分がありました。
    アメリカのNSC/NSAと同じものを日本で作るには、秘密保護法が足りませんでした。

    ・中国を躍らせ、中国に先制攻撃の機会を与える=開戦
    ・日本は専守防衛=反撃は可能

    現在の中国は、アメリカと戦争したら負けるけど、日本と戦争したら勝てるでしょう。
    どこが着地点=日中戦争の終戦条件は何か?
    両国が保有するドルの大半を回収できたら、終戦にさせてもらえるでしょうか?

    それが嫌なら、日中は戦争を回避するために、最初からユダヤ人にドルを貢げば良いのです。
    貢ぐとは言っても、賢い使い方として、日本はアメリカから、日本の国土を買い戻せば良いのです。
    =在日米軍の基地を買い取り、米軍に撤退してもらう。
    =日本は、アメリカの属国の地位から、独立を許可してもらう。

    日本買収計画
    苫米地英人
    サイゾー
    2012-12-03
    ¥ 1,365

    本書は「国民が日本を買い取る」ことを提案。国民1人あたりコーヒー1杯分の負担で、日本は買収できます。


    中国が保有しているドルに関しては、米中間で相談してください。
    =できれば、日本を巻き込まないでください。

    中国からドルをはがす方法は、一案として、中国の民主化があります。
    中国共産党の一党独裁から、多党制に移行すれば、共産党幹部が握っているドルや元をコントロールしやすくなります。
    中国の民衆も圧政から解放されて一石二鳥ですね?
    これなら、日本は火の粉を浴びなくて済むので助かります。

    まあ、中国共産党の幹部連中が、それは嫌だというのなら、次善策として、中国と日本が協力して、ドルを管理する方法もあります。
    =中国と日本が持っているドルを合わせて、アメリカを買えばOK

    国を買うっていう発想は、普通の人には、土地売買の延長で考えれば理解できるでしょうか?
    (イスラエルも最初は、パレスチナ人から土地を買っていた。)

    3S政策の結果、日本人も中国人も、あまり賢くないから、お互いに協力しあうことは、現状では無理かな?
    おっと、口が滑った…日本人も中国人も賢い人はいるだろうから、戦争なんてやらないだろうし、ユダヤ人も信用創造のリセット方法として、戦争以外の方法を提案してくれるかもしれません。

    日本の未来は、とっても明るいなー!!!(・∀・)

    鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
    孫崎享
    飛鳥新社
    2013-06-08
    ¥ 1,470

    属国のツケは、日本経済の破壊と戦争で支払うことになる。このままでいいのか。日本を取り戻す政治刷新のため、対米従属勢力に叩かれ、挫折させられた3人が立ち上がった。

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1001-e52bab31

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。