ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    第4の回路素子 - メモリスタ(memristor)

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 第4の回路素子 - メモリスタ(memristor) あとで読む
    人間は電気の力を利用して、様々な機械を作ってきました。
    最近、メモリスタという新しい電子部品が注目されているそうです。
    memory + resistor = memristor(記憶抵抗)

    メモリスタ
    Image: J. J. Yang/HP Labs


    データ永続化に関する考え方が激変するかもしれない - きしだのはてな

    データ永続化できる素子があるようです。
    今のメモリより高速で、電源を切っても永続化されるなら、すべてのメモリが永続化される可能性があるということです。
    そうなったとき、OSでのメモリ管理のレベルから考え方が変わっていくと思います。



    ●メモリスタとは
    メモリスタ - Wikipedia

    メモリスタ (英: memristor) は、通過した電荷を記憶し、それに伴って抵抗が変化する受動素子である。
    抵抗器、キャパシタ、インダクタに次ぐ新たな受動素子であるので、 "第4の回路素子"と呼ばれる。
    過去に流れた電流を記憶する抵抗器であることからメモリスタ (memristor) と名づけられた。
    メモリスタは、通過した電荷と端子間の磁束が関数関係であるような素子と定義される。



    ●メモリの永続化
    メモリスタの利用によって、今までになかった便利なコンピューターが作れるそうです。
    HPが「memristor」で新発見 CPUとメモリを一体化可能に - ITmedia エンタープライズ

     米Hewlett-Packard(HP)の研究部門HP Labsは4月8日、第4の回路素子「memristor」を使って、データ記憶機能を持つプロセッサを開発できることが分かったと発表した。

     memristorは情報を記憶できる抵抗素子で、コンデンサー、抵抗器、インダクターに次ぐ電気回路の第4の素子とされる。電気の供給がなくても記憶した情報を失わず、現行のメモリ技術と比べ記録密度が高く、高速で、消費電力が少ないという。こうした特性から、memristorはメモリチップに利用できるとされてきたが、このほど、論理演算も可能であり、プロセッサにも応用できることが分かったとHPは述べている。



    ・メモリのデータが消えなくて永続化できる
    ・メモリとCPUを一体化できる

    メモリスタを使った新しいコンピューターは、人間の意識のシミュレートに寄与するでしょうか?

    人工知能概論 第2版 ―コンピュータ知能からWeb知能まで人工知能概論 第2版 ―コンピュータ知能からWeb知能まで
    (2004/10/10)
    荒屋 真二

    商品詳細を見る

    【“第4の回路素子 - メモリスタ(memristor)”の続きを読む】

    Partition Find and Mount で削除したパーティションからデータ復旧

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Partition Find and Mount で削除したパーティションからデータ復旧 あとで読む
    WindowsマシンにLinuxをインストールして、デュアルブートで使おうとした。
    Linuxのインストールが思い通りにできなかったので、いったんLinuxのデータを削除することにした。

    ●パーティションを誤って削除
    WindowsのHDD管理ツールで、不要なパーティションを削除しようとしたとき、不注意で別のパーティションも削除してしまった。
    =Linuxのインストーラーが自動的に作ったパーティションだけを削除するつもりだったのに、パーティションの区切りが増えていて、区切りが変更されていたためか?、残しておきたいパーティションも消えてしまった。

    ●データ復元ソフト
    削除したパーティションから、データをリカバリーして取り出したい。
    データをリカバリーするツールをいろいろ試してみた。

    結論から言えば、「Partition Find and Mount」というフリーソフトで、データをリカバリーできた。

    Partition Find and Mount

    Partition Find and Mount 公式サイト(英語)
    http://findandmount.com/

    (参考)
    パソコンの部屋その9 奇跡の生還 - 山の我が家

    Windowsパソコンを使っていて、間違ってパーティションを削除してしまった場合は、あわてずにデータ復旧ソフトを使えば大丈夫だ。
    転ばぬ先の杖~作業前にデータを取っておく。データのバックアップ作業の大切さを改めて実感した。

    ファイナルデータ9.0plus 特別復元版ファイナルデータ9.0plus 特別復元版
    (2009/12/18)
    Windows

    商品詳細を見る

    【“Partition Find and Mount で削除したパーティションからデータ復旧”の続きを読む】

    仕事頭がよくなるアウトプット勉強法

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 仕事頭がよくなるアウトプット勉強法 あとで読む
    ●やる気を出すにはどうすればいいか?
    一切は無常である。
    無常とは変化であり、変化とは動きであり、相対的な差異を生み出す。
    生老病死…相対的な世界においては、楽の裏に必ず苦しみがセットで生じている。

    生物の行動原理は、「快楽原則」と「トリグナ」によって構成されている。
    (1) 快楽原則=「楽を求めて、苦しみを厭う」という志向性
    (2) トリグナ=3つの根本自性、すなわち「貪」「瞋」「癡」

    すべての生物の行動は、(1)(2)によって生じており、止まっている状態から動き出している。
    (1)(2)の、生物の行動原理には可換性があり、(1)(2)を取り外して他のものに交換する方法がある。
    言い方を換えれば、苦楽には、
    (i) 苦楽を感じている主体と、対象となっている客体があり、
    (ii) 苦楽を制御する方法がある。
    この事実は、自分自身と世界をよく観察すれば誰にでも分かることである。



    苦しみには3つある。これを三苦という。
    (A) 行苦。=求めても得られない苦しみ
    (B) 壊苦。=得ていたものが壊れる苦しみ
    (C) 苦苦。=苦しみの苦しみ。痛みや苦悩など、それ自体が苦しみであるという苦しみ

    この3つに当てはまらない、分類できない苦しみは存在しない。
    結果には対応している原因が必ず存在しており、「原因→条件→結果」の流れを変えることによって、三苦は解消できる。
    この前提のもとに、(A)の行苦~求めても得られない苦しみを分解する方法について検討しよう。

    ・ないものねだりはできない。
    ・自分が欲しいものを手に入れるためには、自分で行動すればいい。
    ・誰かがプレゼントしてくれることもあるだろうが、他人がくれるのを待っている必要はない。

    怠惰にならず、やる気を出し、モチベーション(動機付け)をアップするにはどうしたらいいか?
    やる気を出す方法論について、参考になる本を読んでみた。

    「仕事頭がよくなるアウトプット勉強法」増永寛之/サンマーク出版(2009/3/16)

    仕事頭がよくなるアウトプット勉強法仕事頭がよくなるアウトプット勉強法
    (2009/03/16)
    増永 寛之

    商品詳細を見る


    【“仕事頭がよくなるアウトプット勉強法”の続きを読む】

    FC2Ad