ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    ミネルバのフクロウ

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ミネルバのフクロウ あとで読む
    「ミネルバのフクロウ」という言葉があった。

    人生に物語は要らない

    行動の理由なんて事前にいくら用意したところで、たいていの場合、それは建前やこじつけでしかなく、本当のところは後になってからしかわからない。
    ミネルバのフクロウなのだ。
    後になってからしかわからないなら、後になってから知ればいい。



    未来とは「予想」するものではなく、「創造」するものである。
    理論上は、自分が思い描いたことを100%実現できれば、未来予想は100%当たることになる。

    しかし、自分の思い通りに100%実現できる人はいない。
    だから、100%の未来予想もない。
    あとになってみないと、未来が分からない理由は、人間の能力に限界があるからだろう。

    その観点から「ミネルバのフクロウ」の例え話を考察してみよう。

    ミネルバのフクロウ - Google 検索

    (参考)
    「ミネルヴァの梟は迫り来る黄昏に飛び立つ」の意味を教えてください。 - Yahoo!知恵袋

    その言葉はヘーゲルの「法の哲学」の序文の末尾にある言葉です。
    中央公論社の「世界の名著」シリーズの「ヘーゲル」に出ています。
    その意味するところはヘーゲルにいわせると以下のとおりです

    「哲学はもともと、いつも来方が遅すぎるのである。哲学は…現実がその形成過程を完了して、おのれを仕上げたあとで初めて、哲学は時間のなかに現れる」
    「存在するところのものを概念において把握するのが哲学の課題である。…個人にかんしていえば、誰でももともとその時代の息子であるが、哲学もまた、その時代を思想のうちにとらえたものである」

    以上で、私から付け足すことはほとんどありませんが、要するに哲学は時代精神を、人が見ることが出来ないものを、過ぎ去ってから目に見えるように取りまとめたものだといっています。

    ミネルバの梟、つまり哲学は、時代が終わってから夕暮れ時に、つまり黄昏に飛び立つ、つまり哲学として形成します。
    哲学者は預言者ではありませんから、未来のことは分かりません。それを論じることも出来ません。
    哲学は、今あるか、過ぎ去った時代精神を、後から概念に取りまとめ、それを人に目に見える形で示すことしかできません。

    ヘーゲルはそういっているのだと思います。

    「ミネルバの梟」は訳者の説明によればギリシャ神話の女神アテナのことで、知性の擬人化だということです。
    梟(ふくろう)は、その女神のシンボルです。



    ミネルヴァのフクロウ

    ローマ神話における知恵や英知、洞察力の女神ミネルヴァは、ギリシア神話ではアテナエに相当する。
    ミネルヴァの肩には知性や英知の象徴としてフクロウが止まっている。

    フクロウは夜行性で、通常人が活動する昼間は眼を閉じて眠っている。夜闇が近づく夕暮れになると、フクロウは眼を開けて羽ばたき始める。そして、夜の闇に飛び立っていく。

    それは、知性とか知恵、英知、洞察力や思考力を意味するものだという。つまり最盛期を過ぎて衰えが目立つようなときになって、人はようやく知恵や洞察力を獲得するものだということらしい。

    ドイツの哲学者、ヘーゲルは「ミネルヴァのフクロウは夕暮れに羽ばたく」と述べている。
    この言葉は、歴史主義的で総体主義的な認識論の方法論を示すものだという。
    認識の対象となる存在を総体的=体系的に認識できるようになるのは、その存在が十分に成長・発展して、むしろ衰滅へと向かい始める(晩期の)局面だというのだ。
    そのとき、存在自体の内的な体系性が外部から観察・分析できるほどに成熟しているというのだ。
    それと並行して、認識する人間の側も知的に成長し成熟し、肉体的には下り坂に向かう頃だという皮肉も込められているようにも思える。



    夜行性のフクロウは、昼間は休息していて、夜になると活動する。
    人間の叡智も、人生の最盛期には未熟で、衰退期に熟成する、という例え話らしい。

    もしも、タイムマシンがあったら、未来の自分が現在の自分のところにやってきて、アドバイスができるだろう。
    しかし、現実にはタイムマシンがないので、現在の自分がノーヒントで考えなければならない。

    大変だけど、未来の自分からメッセージを受け取るつもりで、考えていくしかない。
    遥か遠い未来の自分は、完全な叡智を獲得しているかもしれない。
    (人はそれを神と呼ぶのだろうか?)


    法の哲学〈1〉 (中公クラシックス)
    ヘーゲル
    中央公論新社
    2001-11-01
    ¥ 1620

    悪魔の証明=無理難題を吹っかけてくる人

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 悪魔の証明=無理難題を吹っかけてくる人 あとで読む
    ときどき、無茶な要求をしてくる人がいる。
    一体、どのような思考回路を形成しているのであろうか?

    悪魔の証明 - Google 検索

    (参考)
    悪魔の証明 - Wikipedia

    悪魔の証明(ラテン語:probatio diabolica、英語:devil's proof)とは、中世ヨーロッパの法学者によるローマ法解釈において、所有権帰属の証明の困難性を比喩的に表現した言葉である。

    消極的事実の証明
    消極的事実の証明(ないことの証明、Evidence of absence)を、「悪魔の証明」とする使われ方もある。
    また、証明が困難でないことを「悪魔の証明」には当たらないと反論で使うこともある。



    悪魔の証明とは - はてなキーワード

    悪魔の証明とは、「ある事実・現象が『全くない(なかった)』」というような、それを証明することが非常に困難な命題を証明すること。
    例えば「アイルランドに蛇はいる」ということを証明するとしたら、アイルランドで蛇を一匹捕まえて来ればよいが、「アイルランドに蛇はいない」ということの証明はアイルランド全土を探査しなくてはならないので非常に困難、事実上不可能であるというような場合、これを悪魔の証明という。

    新約聖書にあるサタンがイエスを試した逸話から来ている。
    ある論争に際して、そもそも挙証が困難な命題の証明を相手に迫ることもひとつのディベートのテクニックではあるが、それを悪魔の証明だ、と相手が指摘することが挙証責任を転嫁する際の決めぜりふであるということには必ずしもならない。

    注意点
    「『全くない』ことを証明するのは不可能に近い」のであって、「『全くない』のは確実である」という意味ではない。

    また、「ある一連の事実が『全て本当にあった』」ことを証明することも、言い換えれば「その一連の事実に『嘘は全くない』」ことを証明することであり、同様に不可能に近い。
    (補注:すなわち「ある事実・現象の有り無しを『100%』確定するのは不可能に近い」ということである)

    犯罪を犯した証拠はないが、犯罪を犯していないという証拠もないので無罪ではない、などという事例には適用できない。



    他人に責任転嫁する論法には、様々なパターンがある。
    無理な要求に対しては、アサーティブなコミュニケーションによって、断るようにしたい。

    図解 自分の気持ちをきちんと「伝える」技術―人間関係がラクになる自己カウンセリングのすすめ
    平木 典子
    PHP研究所
    2007-05-01
    ¥ 1296

    時間の守れん人間は何をやってもダメだ

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 時間の守れん人間は何をやってもダメだ あとで読む
    田中角栄の語録を調べていたら、名言があった。

    田中角栄に学ぶ政治手法 - 浜村拓夫の世界

    日本列島改造論 (1972年)
    田中 角栄
    日刊工業新聞社
    1972
    ¥ 540


    田中角栄『時間の守れん人間は何をやってもダメだ。』|インクワイアリー

    時間の守れん人間は何をやってもダメだ。

    田中角栄



    俺だ。(笑)

    時間というものは、極めて多くの人間が高い価値をつけている、この世の資産である。
    その『資産』を、きちんと管理できない人間。
    こんな人間が、どうやって人間関係や、お金、信頼といった『資産』を守ることが出来るだろうか。



    ・いい加減な人間は、遅刻したり、納期に間に合わせようと努力しない。
    ・意志力が弱くて、決めたことを実行できない。

    ・時間を大切にしていないので、結果的に、人生も大切にしていない。
    ・生きている価値がない。ゾンビ=死んでいるのに等しい。

    【朝礼ネタ】 「時間の守れん人間は、何をやってもダメだ。」 | BIZ HACK

    田中角栄の名言 | 名言から学ぶコーチング 【名言集】

    時間を守るために普段からどんなことを心がけていますか?



    他人との約束の前に、自分自身との約束=「やると決めたことは必ずやる」
    という姿勢を守らないと、ダメ人間になってしまう。

    納期感覚を持って、締切り厳守を目指したい!

    アメリカに潰された政治家たち
    孫崎 享
    小学館
    2012-09-24
    ¥ 1,296


    多様性の否定=無智

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 多様性の否定=無智 あとで読む
    他人を脅して従わせようとする人は、長い目で見れば淘汰されるでしょう。
    なぜなら、相手の納得を引き出すための、交渉能力が欠如しているからです。


    2+2=5 | Two & Two - [MUST SEE] Nominated as Best Short Film, Bafta Film Awards, 2012 - YouTube

    Two & Two (2011 film) - Wikipedia, the free encyclopedia

    Two & Two is a 2011 short film directed by Babak Anvari, co-produced by Babak Anvari and Kit Fraser and written by Babak Anvari and Gavin Cullen. The short film, which runs for 7 minutes, stars a male teacher and twelve students in a grey wall classroom, showing the first lesson which is an expression of 2 + 2 = 5.




    ●智恵と力の違い

    力によって支配する者は、力が弱まったときに、反発されます。

    フリードリヒ・ニーチェ - Wikiquote

    『善悪の彼岸』
    Jenseits von Gut und Bose

    怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。 --146節
    "Wer mit Ungeheuern kämpft, mag zusehn, dass er nicht dabei zum Ungeheuer wird. Und wenn du lange in einen Abgrund blickst, blickt der Abgrund auch in dich hinein."



    智恵によって支配する者は、納得を引き出すことによって、反発を受けません。

    この違いに着目すれば、対人関係の構築において、力ではなく智恵を使うことが賢明な選択であることが分かります。
    少なくとも、力による支配は一時的なものに留め、長期的には智恵による支配に移行すべきでしょう。


    ●多様性=個体差

    私たちが肯定しようと、否定しようと、全ての人間が全く同じ容姿や思考をしていることはありません。
    人間を詳細に観察すれは、個体差すなわち多様性が存在することに気付きます。

    多様性とは - はてなキーワード

    多様性 たようせい
    【diversity】 「ダイバーシティ」
    多くの個性によって構成すること。形式や種類が多くあるさま。



    智恵があれば、多様性を否定する必要はなく、多様性を肯定した上で、議論の収束点を示すことが可能でしょう。
    多様性の否定=無智である証拠、と。

    他人の言論を弾圧する奴は、ただのアホである場合が多いです。
    力はあるけど、智恵がないんでしょうね?(笑)

    「多様な意見」はなぜ正しいのか
    スコット・ペイジ
    日経BP社
    2009-01-22
    ¥ 2,592


    公正世界仮説の有効活用

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 公正世界仮説の有効活用 あとで読む
    自分一人だけで生きて行ける人を除くと、「公正世界仮説」を活用することによって、人間関係を改善することが可能となります。
    (善でも悪でも)「自分の為した事が自分に返ってくる」という単純な原理が、公正世界の基本です。

    「公正世界仮説」は、古典物理学で提示された「作用反作用の法則」と同じ原理ですが、違いは「遅延評価」が可能、という点です。
    「公正世界仮説」を活用することのメリットとデメリットを検討した上で、Quality of Lifeをコントロールするために利用しましょう。

    公正世界仮説

    公正世界仮説(just-world hypothesis)または公正世界誤謬(just-world fallacy)とは、この世界は人間の行いに対して公正な結果が返ってくる公正世界(just-world)である、と考える認知バイアス、もしくは仮説である。



    The Belief in a Just World: A Fundamental Delusion (Critical Issues in Social Justice)
    Melvin Lerner
    Springer
    2013-11-20
    ¥ 25,968


    【“公正世界仮説の有効活用”の続きを読む】

    カリギュラ効果(押すなよ!)

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - カリギュラ効果(押すなよ!) あとで読む
    ダメだと言われると、やりたくなるのが人間のさが?
    自己主張が激しい人間は、周囲に反抗して、天邪鬼になるのでしょうか?

    カリギュラ効果 - Wikipedia

    カリギュラ効果(カリギュラこうか)とは、禁止されると、かえって余計にその行為をやってみたくなる心理のことである。一例としては、「お前達は見るな」と情報の閲覧を禁止されると、むしろかえって見たくなるなどの心理が挙げられる。

    ローマ帝国の皇帝カリグラをモデルにした1980年のアメリカ・イタリア合作映画『カリギュラ』が語源で、過激な内容のため、ボストンなどの一部地域で公開禁止になったことで、かえって世間の話題を惹いたことにちなむ。

    この効果は、広告宣伝やテレビ番組でも利用されている。例えば、テレビ番組で、「ピー」などの効果音を付けて発言を聞こえなくしたり、モザイク処理をかけて映像の一部を見えなくすることにより、いっそう視聴者の興味をかき立てるなどである。



    カリギュラ効果の関連項目に、ストライサンド効果というのがありました。

    ストライサンド効果 - Wikipedia

    ストライサンド効果(英語: Streisand effect)は、インターネット・ミーム(インターネット上の流行語)のひとつであり、ある情報を隠蔽したり除去しようとしたりする努力が、かえってその情報を広い範囲に拡散させてしまう結果をもたらすことをいう。

    ストライサンド効果という名前は、アメリカ合衆国の歌手・女優でエンターテイメント界の大物、バーブラ・ストライサンドの名に由来する。 2003年、彼女は自分の邸宅が写っていたネット上の画像の公開を差し止めようとして裁判を起こしたが、かえって世間の関心を集める結果になってしまった。

    同様のことは、大企業などからユーザーなどへの警告状(cease-and-desist letter)の発信、DVDなどのセキュリティを突破するための数列(違法素数や違法数)などの公表差し止め警告、ファイルやウェブサイトなどに対する削除要求の際にも起こる。これらの情報が隠蔽されたり公開差し止めとなったりする代わりに、かえってその情報に対するネット上やメディアの関心が高まり、ミラーサイトやファイル共有ソフトなどで情報が際限なく拡散することになる。



    カリギュラ効果 - ダチョウ倶楽部の上島さんが「押すなよ」 - Yahoo!知恵袋

    ダチョウ倶楽部の上島さんが「押すなよ」と言いますが、肥後さんと寺田さんは押します。
    これは、心理学でいう「カリギュラ効果」と言えますか?

    押したくなってしまう心理と言うより、あれはもう約束事ですからね。
    カリギュラ効果の具体例としては不適だと思います。



    薬を飲みたがらない愛犬!自ら進んで薬を飲む画期的な方法とは…|@Heaaart - アットハート

    このダメといわれたらやりたくなることをカリギュラ効果といいます。
    大人になるにつれて理性が働き、衝動は抑えられるようになるのだとか…。





    反抗期の子どもや、ひねくれ者を操縦するには、「禁止」が役立つようです。(笑)

    お客をつかむウェブ心理学 (DO BOOKS)
    川島 康平
    同文館出版
    2008-07-17
    ¥ 1,620

    善意の拡散~「ペイフォワード」「恩送り」

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 善意の拡散~「ペイフォワード」「恩送り」 あとで読む
    他人から受けた恩の返し方、感謝の表明の方法について、自分と似た考え方をしている人がいました。
    違いは、自分の場合、まずは1人でOKという点だけかな?

    ペイ・フォワード [DVD]

    ワーナー・ホーム・ビデオ

    ¥ 2,700


    ペイ・フォワード 可能の王国 - Wikipedia

    『ペイ・フォワード 可能の王国』(ペイ・フォワード かのうのおうこく、原題: Pay It Forward)は、キャサリン・ライアン・ハイドの小説、および2000年製作の同タイトルの映画。ミミ・レダー監督。

    あらすじ
    ラスベガスに住むアルコール依存症の母と、家を出て行った家庭内暴力を振るう父との間に生まれた、少年トレバー。

    中学1年生(アメリカでは7年生)になったばかりの彼は、社会科の最初の授業で、担当のシモネット先生と出会う。
    先生は「もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をする?」という課題を生徒たちに与える。
    生徒達のほとんどは、いかにも子供らしいアイディアしか提案できなかったが、トレバーは違った。
    彼の提案した考えは、「ペイ・フォワード」。
    自分が受けた善意や思いやりを、その相手に返すのではなく、別の3人に渡すというものだ。

    作品誕生のきっかけ
    原作者キャサリン・ライアン・ハイドは「ペイ・フォワード」誕生についてこう語っている。
    治安の悪い町で車がエンストしてしまったハイドは、車に近付いてくる男2人に恐怖心を抱く。
    しかし男はエンストしてしまったハイドの車を快く修理してくれたのだった。
    そこから、この“善意を他人へ回す”という思考が誕生した。



    いわば、「親切」のネズミ講みたいなもんですね?

    【“善意の拡散~「ペイフォワード」「恩送り」”の続きを読む】

    宇宙からは国境線は見えなかった

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 宇宙からは国境線は見えなかった あとで読む
    古今東西、人々はなぜ争いを起こし、互いに疲弊し、不幸になるのでしょうか?
    それは、(私も含めて)人間とは、問題解決能力が低い、愚か者たちの集まりだからなのでしょう。

    毛利衛 - Wikipedia

    毛利 衛(もうり まもる、1948年(昭和23年)1月29日 - )は、北海道出身の宇宙飛行士
    日本国籍保有者として初めてスペースシャトル計画に加わった宇宙飛行士である。
    帰還直後、テレビカメラの前で「宇宙からは国境線は見えなかった」とコメントした。



    宇宙から学ぶ――ユニバソロジのすすめ (岩波新書)
    毛利 衛
    岩波書店
    2011-12-21
    ¥ 756


    【“宇宙からは国境線は見えなかった”の続きを読む】

    おためごかし

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - おためごかし あとで読む
    「おためごかし」という日本語があります。

    おためごかし【御為ごかし】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

    おため‐ごかし【▽御▽為ごかし】
    表面は人のためにするように見せかけて、実は自分の利益を図ること。
    じょうずごかし。「―の親切」「―を言う」



    【“おためごかし”の続きを読む】

    ルシファー効果

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ルシファー効果 あとで読む
    一人ひとりを個別に見れば、まともで善良な人たちなんだけど、
    集団になると途端に、残酷で悪辣な人に変貌してしまう、
    という場合があります。

    こういう現象に対して、何か呼び方・名前が付けられているのだろうか?と調べてみたら、
    心理学の分野で「ルシファー効果」と命名している人がいました。

    【“ルシファー効果”の続きを読む】

    FC2Ad