ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    FC2ブログ 管理画面


    with Ajax Amazon

    ブルワーカーでお手軽に筋トレをやってみよう!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    室内での運動を補助する「ブルワーカー」という器具があります。
    取り扱いが簡単であり、いつでも使えるので便利です。

    使われているバネの強さによって、ブルワーカーにはいくつかの種類があります。

    ●バネ:弱 (老人、女性向け)
    ブルワーカー エルモーション LM-2000
    LM-2000
    フジックス

    ¥ 4,999


    ●バネ:中 (ソフトタイプ) (子供、女性向け)
    BULLWORKER(ブルワーカー) ブルワーカー XO ソフト FB-2025
    FB-2025
    fukuhatsumetal(福発メタル)
    2015-06-22
    ¥ 14,904


    ●バネ:強 (ハードタイプ) (男性向け)
    BULLWORKER ブルワーカーXO ハードタイプ ソリッド FB-2216
    FB-2216
    株式会社 福発メタル

    ¥ 11,779


    筋力に応じて、バネの強さが違うタイプを選択すると良いでしょう。



    【“ブルワーカーでお手軽に筋トレをやってみよう!”の続きを読む】
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    伝説のハッカーが教える 超監視社会で身をまもる方法

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    セキュリティーの専門家、ケビン・ミトニック氏の本がありました。

    伝説のハッカーが教える 超監視社会で身をまもる方法
    ケビン・ミトニック / ロバート・バモシ
    日経BP
    2018-02-16
    ¥ 2,160


    目次


    まえがき
    はじめに

    第1章 パスワードは破られる!
    第2章 あなたのメールは読まれている?
    第3章 盗聴基礎講座
    第4章 暗号化しないなんて、裸同然だ
    第5章 さあさあお立ち会い、この体を消してご覧にいれましょう
    第6章 あなたのクリックはすべて監視されている
    第7章 金を惜しめば、後悔することになる
    第8章 すべてを信じよ。何も当てにするな
    第9章 プライバシーがない? なんとかしろ!
    第10章 逃げはできても、隠れはできない
    第11章 おい、勝手に居場所をバラさないでくれ
    第12章 インターネット監視
    第13章 上司があなたに隠していること
    第14章 姿を隠すのは楽じゃない
    第15章 FBIは獲物を逃さない
    第16章 「不可視」の技術をマスターする

    謝辞
    原注
    索引

    【“伝説のハッカーが教える 超監視社会で身をまもる方法”の続きを読む】
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    グルコノラクトン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    豆腐の凝固剤で「グルコノラクトン」という物質がありました。

    グルコノラクトン - Wikipedia

    グルコノラクトン (gluconolactone) は、グルコースの1位のヒドロキシ基がケトンに置き換わった、代表的なラクトンの一種である。別名をグルコノ-δ-ラクトンといい、GDL と略される。

    生体内ではグルコース-1-デヒドロゲナーゼの作用によりグルコースから変換される。たとえば、ミツバチは体内でグルコースからグルコノラクトンを作り、蜂蜜に多く含まれる。そのため別名ハチミツ酸とも言われる。

    グルコノラクトンは、天然の食品添加物として使用される。水溶液中では加水分解によりグルコン酸と平衡状態にあり、豆腐やチーズの凝固剤として使用される。また、低温で反応せず均一に発泡するため、ビスケット、パン、ドーナツなどの膨張剤として使用される。甘味とともに酸味があり、酸味料、pH調整剤としてハム、ソーセージやジュースに利用される。天然キレート剤として、化粧品やパック素材として利用されている。

    グルコン酸への加水分解率は熱と高pHによって上昇する。



    グルコノラクトンは別名「ハチミツ酸」と呼ばれているそうです。

    化学式 C6H10O6
    グルコノラクトン



    グルコノラクトンは通販で買えます。

    グルコノデルタラクトン G.D.L 1kg
    食品添加物
    八宝食産

    ¥ 2,100


    グルコノラクトンの使用量の目安を紹介しているページがありました。

    フジグルコン(グルコノデルタラクトン)【1kg】グルコン酸・pH調整剤・酸味料(食品添加物)【いくつでも全国一律送料530円】|グルコン酸|有機酸|たまごや商店

    ■使用方法
    ・豆乳へ添加して使用
    フジグルコンの添加量(対豆乳):約0.28%
    豆乳の温度:約80℃
    ※他の凝固剤と併用する場合は、フジグルコンの添加量を減らしてご使用ください。

    グルコノラクトンの使用量



    豆乳1リットルに対して、グルコノラクトンを2.8グラムの割合(濃度0.28%)で使用すると、絹ごし豆腐のような仕上がりになるようです。

    豆腐の硬さの目安について、実験しているページがありました。

    vol.10 豆腐の科学・・・その3 - 手作り研究会|日本ハムの消費者モニター「奥様重役会」

    破断応力測定
    凝固剤の種類と使用量で豆腐の硬さの違いを見る実験です。

     種類凝固剤濃度(%)破断応力
    (3テーブルの平均)
    硬さの順位
    1絹ごし豆腐塩化マグネシウム0.76607.73
    2絹ごし豆腐硫酸カルシウム0.76393.04
    3絹ごし豆腐δグルコノラクトン0.712933.32
    4絹ごし豆腐δグルコノラクトン0.44632.05
    5木綿豆腐塩化マグネシウム0.625306.01
    6充填豆腐(市販品)  4401.36


    実験の結果次のようなことが分かりました。
    ・もっとも硬く仕上がったのは塩化マグネシウム0.6%の木綿豆腐でした。
    ・同じ凝固剤(δグルコノラクトン)でも使用量によってずいぶん硬さに差が出ました。



    ここでは絹ごし豆腐を、グルコノラクトンの濃度を0.4%と0.7%にして作って、硬さを比較していました。

    官能検査
    凝固剤の違いによる手づくり豆腐を試食しました。
    結果をまとめると次のようになりました。

    硬さ(絹ごし豆腐)
    濃度0.4%でもっとも良い感じに仕上がったのはδグルコノラクトンでした。
    ・濃度0.7%でもっとも評価の良かったのはδグルコノラクトン次いで硫酸カルシウムでした。
    ・塩化マグネシウムの固まりにくさは、凝固反応が早すぎて均一に混ざらなかったためと思われます。


    δグルコノラクトンには酸味が感じられました。
    ・硫酸カルシウムは味が薄いというか、美味しさを感じませんでした。
    ・塩化マグネシウムは大豆の味を残している一方、苦味が感じられました。



    グルコノラクトンを増やすと、硬くなるけど、酸味も増すようです。

    ●豆腐の作り方
    豆乳粉を使って豆腐を作る方法を紹介しているページがありました。
    豆乳粉からではなく、豆乳から直接作る場合でも参考になるかと思います。

    豆乳粉 150g
    第一タンパク


    ¥ 1,195

    豆乳・豆腐の作り方
    作り方の基準
    ●豆乳の場合:豆乳粉15g(約大さじ3杯)に水200cc(1人分)
    ●豆腐の場合:豆乳粉150gを水1Lでとく、ニガリ3gを水50ccでとき用意する。

    1.豆乳粉150gをミキサー、又は泡立器で、水1Lを入れて攪拌します。
    2.(鍋の場合)沸騰してきたら泡を取り弱火で約10分。おいしい豆腐が出来上がります。
    3.(レンジの場合)レンジで約10分、途中泡をとり、かきまぜるのがこつです。おいしい豆腐が出来上がります。
    4.ニガリ3gを水50ccでとき、容器の中にいれておきます。
    5.豆腐湿度80度以上の時にニガリがよく混ざるように勢いよく流し込み泡を取り除きます。
    6.約10-15分で固まり、冷やすといっそうおいしい豆腐が出来上がります。



    ・凝固剤3グラムを50ccの水に溶かす。
    ・豆乳1リットルを加熱して80度にする。
    ・凝固剤の溶液を豆乳に混ぜる。
    ・10分ほどで固まる。

    電子レンジで加熱するのが手軽で簡単かもしれませんね。

    電子レンジを使った豆腐の作り方も紹介されていました。

    豆乳豆腐の作り方(電子レンジで簡単手作り) | にがり・固まらない

    電子レンジで作る絹豆腐の作り方(1人分)
    【材料(1人分)】豆乳(成分無調整)…100cc、にがり…2~3cc

    1.豆乳を耐熱容器に入れる。

    2.にがりを加える。

    3.ここがポイント【泡立てない】
    泡立てないように、静かによく混ぜる。スが入るのを防ぐためです。

    4.ラップをゆったりかけて、空気の逃げ道を作っておく。

    5.電子レンジ600Wで1分強~1分30秒加熱する。
    熱いので、取り出すときにはやけどしないように気をつけてください。
    10秒くらいおいて泡立ちがおさまってから出すといいでしょう。
    参考までに:今回使用した豆乳濃度は9%とやや薄め。寒い真冬に作ったこともあって、電子レンジの加熱時間は600Wで1分30秒かけてみました。少し斜めにしてみると、まだゆるそうだったので、もう10秒追加しました。

    6.ラップをしたまま5分ほど蒸らす。

    7.舌触りがとろとろのやわらか絹豆腐の完成です。





    こちらの作り方は、最初から豆乳に凝固剤を混ぜておいてから、電子レンジで加熱しているんですね。
    固まれば、どっちでもいいでしょう。

    【“グルコノラクトン”の続きを読む】
    このエントリーをはてなブックマークに追加