ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    戦争犯罪の罪滅ぼし The atonement of War crimes

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 戦争犯罪の罪滅ぼし The atonement of War crimes あとで読む
    昔の日本人は、太平洋戦争で多くの外国人を殺した。
    その結果、仕返しもされて、多くの日本人が殺された。
    第2次世界大戦で負けた日本は、戦争犯罪人の悪党にされた。(極東国際軍事裁判)
    日本人には、悪党の汚名を返上する方法はあるのか?

    The past Japanese killed many foreigners in the Pacific War.
    As a result, it was retaliated and many Japanese were killed.
    Japan defeated in World War 2 was made evildoers of war criminals. (The International Military Tribunal for the Far East)
    Is there a way for Japanese to return the stigma of the rogue?

    半藤一利「明治維新150周年、何がめでたい」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
    Kazutoshi Handou "150th anniversary of the Meiji Restoration, what is happy"

    あの戦争と日本人 (文春文庫)
    半藤 一利
    文藝春秋
    2013-07-10
    ¥ 724


    【“戦争犯罪の罪滅ぼし The atonement of War crimes”の続きを読む】

    Linuxでストレージを暗号化

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Linuxでストレージを暗号化 あとで読む
    サイバー攻撃が増加する昨今、コンピューターのデータは暗号化しておきたい。

    Linuxサーバーには、ストレージを暗号化するツールが用意されている。

    ext4のファイルベース暗号化FSを試してみる
    DM-Cryptを使ってファイル システムを暗号化する
    dm-crypt/システム全体の暗号化 - ArchWiki

    「dm-crypt」等、ストレージのデータを暗号化しておくツールは、いろいろあるので、用途や規模に応じて利用したい。
    可能なら、ツールを自作すればいいかな?

    神と悪魔は自分自身とみなすグノーシス主義

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 神と悪魔は自分自身とみなすグノーシス主義 あとで読む
    マンガやアニメなどのファンタジーに毒されている人々は、「神」や「悪魔」といった言葉に翻弄されている。
    神や悪魔という概念が、どのような影響を人間にもたらしているのかを考察してみたい。

    結論から言うと、神や悪魔の論考について、その証明方法を確認すれば良い。
    「神」や「悪魔」が実在するなら、「目の前に連れてきて見せてみろ?」と言えば、簡単に真偽が判明する単純な話だ。

    ほとんどの人は、真実ではない妄想を楽しんでいるだけに過ぎず、イメージの中で遊んでいる。
    人生は有限であり、時間は貴重なリソースだ。
    妄想で時間を浪費するのは、哀れな愚者の特徴である。

    ●グノーシス主義とは?
    グノーシス主義 - Wikipedia

    グノーシス主義(Gnosticism)またはグノーシスは、1世紀に生まれ、3世紀から4世紀にかけて地中海世界で勢力を持った宗教・思想である。物質と霊の二元論に特徴がある。英語の発音は「ノーシス」である。普通名詞としてのグノーシスは、古代ギリシア語で「認識・知識」を意味する。グノーシス主義は、自己の本質と真の神についての認識に到達することを求める思想傾向にあたる。
    グノーシス主義は、地中海世界を中心とするもの以外に、イランやメソポタミアに本拠を置くものがあり、ヘレニズムによる東西文化のシンクレティズムの中から形成されたとみれる。代表的なグノーシス主義宗教にマニ教がある。



    「神」とその派生概念である「悪魔」は、自分の外部に存在する者ではなく、自分の内部に存在する者であると解釈すれば、ほとんどの問題は説明可能となる。

    つまり、
    ・神=自分
    ・悪魔=自分
    という公式が成り立つ。

    自分自身が神の要素を発現したり、悪魔の要素を発現したりしている。
    自分自身が、あるときは神に、また別なときには悪魔になっている。
    なぜか?

    【“神と悪魔は自分自身とみなすグノーシス主義”の続きを読む】

    FC2Ad